成功体験談の正しい使い方

2015年9月5日 18:00:00

7stepに参加する前に、
自分でも復縁できるか不安

もしくは7stepへ参加時点では、
強い覚悟があったとしても、
復縁途中での出来事により、不安に
襲われ、精神的にも弱い状態にある。

そんな時は、本心からではなくとも、
「私と同じ状況から成功した人の話を
聞きたい!」と思うものです。

それを知ることで、
今の自分の不安をかき消し、希望を
感じ、以前のような強い自分になる
んだという気持ちからなのだと思います。

復縁の途中で不安を感じ、心が弱く
なること自体、私は問題には思いま
せん。

人ってそんなに強くないですからね。

ロボットじゃ無いんですから。

心が弱った時に、依存心が生まれ、
もたれかかる先が、成功体験談、
成功事例へ向けられるのも自然なことです。

ただ、成功体験談や成功事例を、
希望を持つため、元気になるため
「だけ」に使用している間は、復縁
に進むことはできません。

なぜなら、その衝動は、

同じ場所で、

不安→成功体験談→希望→不安→成功体験談→希望→不安→成功体験談→希望→不安→成功体験談→希望→不安→成功体験談→希望→不安→成功体験談→希望→不安→成功体験談→希望→不安→成功体験談→希望→不安→成功体験談→希望→不安→成功体験談→希望→不安→成功体験談→希望→不安→成功体験談→希望→不安・・・

というエンドレスループに填るだけだからです。

不安を感じ、依存心が芽生え、成功
体験談を知り、希望を持つ、までは
良いとして、それだけで終わると、
上記の蟻地獄行きです。

成功体験談は正しく使わなければ、
一時的に気持ちよくなれる
中毒あるお薬にすぎず、その状態から抜け出せなくなって
さらに不安が大きくなって、
苦しいだけの日々が続くことに
なり、周りの人についつい愚痴って
しまったり、素直にアドバイスも
受け入れられなくなってきます。

では、成功体験談を正しく使うという
のは、どういうことなのか?

それは、成功体験談のその人が、
どのような苦労をして、成功まで
辿ったかというストーリーではなく、

「結局その人が、実際に何をやったのか?」

ということを探し出すということです。

成功体験談を見て、中毒、
希望という幻覚症状を起こしてしまう
主な原因が、苦労からのサクセススト
ーリーにばかり意識が奪われてしまうためです。

始めに、元気になるためであれば、
そういったものもとても有意義なもの
ですが、その元気を糧にして復縁に
進むためには、その人が「何をしたの
か?」ということを探し出す必要があります。

それが成功体験談の正しい使い方です。

この正しい使い方が出来ていれば、
自分と同じケースの成功体験談だけ
探そう、読もうなんて、愚かなことで
もったいないということに
気づくことかと思います。

「自分のケースと違うから参考にならない」

ではないのです。

復縁に「成功」したものであれば、
自分とケースが違ったとしても、
あなた自身が復縁するために必要な
ものは得られるのです。

それが成功体験談の正しい使い方です。

小澤康二