1. TOP
  2. 彼を「理解できない」理由とは?彼をどうすれば理解できるのか?

彼を「理解できない」理由とは?彼をどうすれば理解できるのか?

特殊な復縁
この記事は約 8 分で読めます。

仕事柄、復縁したい元彼へ送る、メールやLINEを添削する機会が多いのですが、彼の求めるであろう内容とは遠くかけ離れたメッセージを作っていることに気付いていない方は結構多いです。

例えば、彼が良い気分になって貰えるような返信のつもりが、神経を逆なでするような内容だったり、彼が困るような内容を送ろうとしていたり。当然、返信を得ることは困難となります。

こうした現象がどうして発生するのでしょうか?

この部分について考察し、そうならないための方法について考えたいと思います。

「心の奥底では、彼のことを理解したら負け」と思っている事実・・・

大まじめに考えて作成したメールなのに、彼の現実をまるで無視したメッセージを送ってしまう。

でも、当人は、「彼を理解しているつもり」なのです。

そういう大きなズレが発生する理由それは、「彼のことを理解したら負け」という深層心理です。

わかりやすく、彼に別の恋人がいる場合の復縁希望の方の例を出します。

復縁したい彼には今別の恋人がいる状態です。

さらに、お互いの交際は順調な状態。

それでも、メールを送りたい人です。

その思考背景にも、「彼のことを理解したら負け」という思考背景が存在していると思います。

すなわち、

「彼に他の女がいたって、私には関係ない、そもそも、そんな状況理解したくもない。

でも、継続的にメールをすれば、そのうち、きっと心を開いてくれるはず・・・」

こういう風に考えてしまうのです。

こう言う方は、うすうす、”「彼のことを理解したら」自分が復縁活動を続けていくことが出来ないのでは?”という思い込みを持っている場合が多いようでした。

「すぐに送らない方が良いですよ。慎重になった方が良いですよ」という風に伝えても、「私が連絡しなければ、もっと仲が深まってしまうから、抑止のためにも連絡を入れた方が良いと思う。」というように、連絡をしない方が良いと言うことがわかってもらえにくいのです。

共通するのは、”こちらが彼のことを理解する努力をしてしまったら復縁する術が無くなってしまうのでは?”という潜在的な恐怖です。

彼を理解すると復縁活動が出来なくなる?

彼のことを理解したら、「復縁活動しない方が良い」という答えを導いてしまい、「復縁活動が出来なくなるのでは?」という疑念を抱えている方は彼を理解することが困難です。

基本に立ち返ってもらいたいのですが、復縁活動で大切なのは、彼の状況を理解すること、現実を直視することにあります。

そこから見ると、”彼を理解したら負け”という発想は大きな間違いということに気づくと思います。

もしかすると、このように考える人は、彼のことを理解した上で、「復縁活動をしない方が良いのでは?」という答えを自分で導き出すことに恐怖を感じているからこそ、それが出来ないのかもしれません。

「復縁活動をしない方が良いのでは?」と思った場合の対処

あなたが、彼に対しての理解を深めた上で、「復縁活動をしない方が良いのでは?」と考え始めたらどうしたら良いのか?というと、一度、答えを出すのを棚上げして下さい。

つまり、「復縁活動をしない方が良いのでは?」という思考を深掘りしないで思考を中断してください。

そして、一度、復縁以外の他の取り組みを進めてください。

なぜなら、あなたが、「復縁活動をしない方が良いのでは?」と考えるとき、ネガティブループに入り始めていることが多いからです。

そう言うときに、この思考を継続すると、どんどん、復縁活動に対して悲観的になってしまうからです。

「復縁活動をしない方が良いのでは?」という思考を中断している間に、あなたの好きな趣味や友人との交流、仕事などをして時間を過ごす間に、ふっとあなたの疑問に対するより建設的な答えが、浮かんでくるタイミングが来ます。

それはお風呂に入っているときかもしれませんし、ベッドに入って眠りにつこうとしているタイミングかもしれません。

そういう時にふっと、「良い答え」が出てきます。

その時に、「やっぱり復縁活動をした方が良い!」という答えが出たなら、復縁活動に戻りましょう。

そして、その答えが出たなら、もう、そのことでくよくよ悩まないで気持ちを切り替えることが大切です。

なぜなら、ふっと出た答えは、あなたの潜在意識が導き出した答えである可能性が高いからです。

その答えに自信を持ちましょう。

そうすることで、「復縁活動をしない方が良いのでは?」と思ったときの気持ちをリセットして、前向きに復縁活動を進めていく気力をよみがえらせることが出来ます。

「彼のことを理解しても負けない」理由

復縁活動と一口に言っても、いろいろなケースがあります。

彼に他の恋人が出来ても、復縁したい。

遠距離になってしまったが復縁したい。

夫婦仲が悪くなったので、改善したい等など。

全てのケースに言えるのですが、「彼のことを理解して、復縁の状況が悪くなった」ということはありません。

「彼のことを理解して、復縁の状況が悪くなった」と感じるのは、

”あなたの今までの現状認識が甘くて、実際にはもっと大変だったことに気づかされた場合”です。

そう言う場合には、正しく現状を把握できたという意味で、最初の状態よりも、復縁活動は進展したと考えて下さい。

後退していません。だから「彼のことを理解しても負けたことにならない」のです。

「敗北感を感じるかもしれない」という謎の不安から逃げることよりも、彼を現実を直視し、理解する努力をすることの方が復縁に近づく行動です。

そこに気づいて下さい。

彼を理解して、彼の現実がわかった方が、あなたの復縁可能性は上がる。

たとえば、彼を理解しようとしたとき、実際は、「自分が考えるよりも、彼は深い傷を負っていた」と気づいてしまった。

こうした場合には、当初に想定した冷却期間よりも時間を空けるなどの対応は場合によっては必要でしょう。

しかし、それは、「彼を理解することが出来た」という意味ではプラス材料だと思います。

彼が大して傷ついてないと思って、継続的に連絡を入れたりしていれば、マイナスイメージの上塗りになっていたかもしれないからです。

 

あなたが彼に求めることは「理解して欲しい!」ということ。

復縁活動で一番難しいことは、あなたの「彼に理解して欲しいという願望」をコントロールすることです。

実は、この「彼に理解して欲しいという願望」が、あなたが彼への理解を妨げる最も大きな要素なのです。

「彼に自分の気持ちを伝えたい。」

「自分の話を聞いて欲しい。」

「自分のことをもっと知ってもらいたい。」

こう言う気持ちが強ければ強いほど、彼を理解しようという余裕がもてなくなってしまいます。

彼を理解するためにどうしたら良いか?

このように、あなたの「承認欲求」(あなたのことを彼に知って欲しい、存在を認識、意識して欲しいという欲求)がもっとも、”彼を客観的に理解すること”を遠ざけてしまう要素になります。

あなたの「承認欲求」がみたされないままに、彼にアプローチをして、進展した試しは過去一度も無いからです。

そのため、これを彼以外を利用して満たしていく必要があります。

例えば、他の友人や他の異性、家族知り合いなどに、打ち明け話をしたり、自慢話をして褒めてもらうようにしてください。

一番良いのは、自分自身で目標を立てて、実行して、自分自身で達成感を感じることですが、その前に出来る簡単な方法は、他の友人や他の異性、家族知り合いなどに、打ち明け話をしたり、自慢話をして褒めてもらうことです。

(※注意!復縁の話をして慰めてもらうことではありません)

そうして、承認欲求をまずは満たしましょう。

その後に、自分自身で立てた目標に向かって取り組んだりしながら、自分自身の承認欲求を満たしていってください。

十分に承認欲求を満たした後で、彼に対して理解する努力や取り組みを進めていきましょう。

これが、彼を理解できるようになるための、あなたのコンディション作りになります。

まとめ

彼を理解できない一番の原因は、「彼に理解して欲しいという願望」が強すぎることです。

あなたを彼に理解してもらうには、あなたが彼を先に理解することが必要です。

そのために取るべき行動は、あなたが、まずは承認欲求を彼以外によって満たすことです。

そうしたら、次は、自分自身で承認欲求を満たしてください。

その次は、彼の現実を理解する努力をしてください。

そして、彼を理解してください。

そうすれば、あなたは彼に理解してもらえるようになります。

順番にすると、

あなたが彼を理解するためには?

STEP1:あなたが、まずは承認欲求を彼以外によって満たすこと。

STEP2:自分自身で承認欲求を満たすこと。

STEP3:あなたが彼の現実を受け入れる。

STEP4:あなたが彼を理解出来るようになる。

あなたが彼を理解できるようになり、それを正しく伝える事が出来れば、彼はあなたを理解してくれるようになります。

これが、彼があなたを理解してくれるようになる順番です。

そのためにも、是非、あなたが彼を理解するためのSTEPを進めていけるようにこの記事を読み込んでください。



追伸:

【復縁相談をご希望の方は7stepへ↓】
公式復縁マニュアル7stepについてはコチラをクリック。



この記事の感想を、コメントかLINEから教えてもらえると嬉しいです。

友だち追加

追伸:
「心を振り向かせる方法」
復縁への近道はこちらをクリック

スマホ、携帯からは、面倒なメールアドレスの入力無しで、こちらから空メール送信だけで無料メルマガ登録ができます。
※宛先は変更せず、件名、本文は空欄のまま、そのまま送信してください。

携帯アドレスを利用する場合は、「@hukuen7.com」の受信設定、なりすまし解除をされないと、受信できません。(特にau)

ライター紹介 ライター一覧

Mr.T

Mr.T

復縁サポート歴7年以上、サポートスタッフの中で断トツの成功率を誇るスパルタ担当者。時には冷徹なアドバイスをするほど、相談者以上に復縁に対して熱血で実直、まじめすぎる性格。趣味はダイビング by小澤

コメント

  1. スミレ より:

    こんにちは。
    復縁学校の記事を初めからすべて読ませていただきました。

    私に可能性はありますか?藁をもすがる思いです。と書いてしまった私です。

    そう言う人に上手く行った人はいない。とあり、自分の弱さがここにあると改めて感じました。自分が情けないです。
    しっかりと自分の意思を持ち、真剣な気持ちで取り組まなければ、相手にも7stepのスタッフさんにも失礼ですよね。

    お返事いただけないのも納得です。

    今一度、自分の人生の舵をとるのは自分なんだという気待ちを持って、今後どうしたいのかを考えてみようと思います。

    気づきを与えて下さり、ありがとうございます。

    1. 小澤 康二 小澤 康二 より:

      いろいろと考えすぎなように思います。
      たくさんショックなことがあって、パニックな状態かもしれませんが、そんな時こそ、深呼吸をして、落ち着いてください。
      時間があるか分かりませんが、神経をリフレッシュされる時間をとることが第一です。
      それから、いろいろと考えていきましょう。

      1. スミレ より:

        お返事ありがとうごさいました。

        身体を壊してしまったり、仕事を辞めざるをえなかったりと、本当に色々なことがあり、何を優先して進んでいいのかわからなくなってしまっています。

        こんな時こそ、深呼吸ですね。温かい言葉に涙が出てしまいました。

        彼を大切に想う気持ちをまだはっきりと感じます。
        気持ちを落ち着けながら、できる限りのことを精一杯やってみようと思います。

        7step申込ますので、よろしくお願いします。

  2. スミレ より:

    初めまして。
    二年前に別れた彼とのことをずっと悩んでいました。最近になり、復縁サポートと言うものがあることを知りました。
    私の場合7stepにて修復可能なのだろうか?と思い、こちらにコメントさせていただきました。

    私は40代で既婚。彼は17歳年下で未婚。
    気付かないうちに私は夫との大切な事への想いの違いを積み重ねていて、彼へと気持ちが動いて行きました。
    夫に知られてしまい、私は別居し、離婚の意思も伝えましたが、子どもを渡してもらえず、夫も離婚を望まず子どもの為に家庭に戻りました。そして彼も家庭を壊してまでも私と一緒にいたい気持ちはなかったようです。ひどく傷付きました。

    ずっと気持ちを抑えてきたせいか、こちらのブログに書かれているように、まさに承認欲求が満たされず、未だに彼への想いを抱えています。
    私は夫とは離婚を考えいます。ですが、子どもがそれを望んでいません。もう少し成長するまで、高校を卒業するまでは私が辛抱しようと思っています。

    彼とは会えなくなりましたが、その後も軽いメールのやり取りをしていましたが、一年前からメールの返信はなくなり、彼女が出来ていたことも最近になりわかりました。

    色々あり、仕事を辞めて資格取得の為に学校に通っていることを人づてに聞き、彼女がいても応援したい伝えました。迷惑なら言ってくれればもうしないから。と伝えているのですが、何も言ってはくれません。

    彼の幸せを願うなら、もう連絡しない方がいいのか?と何度も思うのですが、彼を私が幸せにしてあげたかった。一緒に幸せになりたかったと言う想いがなくなりません。はっきりと気持ちを言わない彼に少しの可能性を感じてしまってもいます。

    復縁と言うか、無理なら無理だとちゃんと素直な気持ちで話してもらえる関係を作り直したいのですが、7stepでは不可能でしょうか?今のこの状況を打破できるのであれば、と藁をもすがる思いです。
    率直なお返事をいただけますよう、よろしくお願いします。

    1. Mr.T Mr.T より:

      コメント内容的にこちらで返信するのに適さない内容と思われました。
      したがって、サポートに活用された方が良いです。
      また、文章の限りでは、当ブログにヒントがありますので、もう一度読み直されると良いと思います。

      1. スミレ より:

        お忙しい中、お返事ありがとうごさいました。

        ブログを拝見し、自分自身を見つめ直す機会なのだと思いました。たくさん心に響く言葉も見つけて、メモを取りました。

        『出逢い直す』素敵な言葉ですね。彼への想いを大切に、できる限りのことをやってみようと思います。

        7step申込ますので、よろしくお願いします。

  3. より:

    小澤さん、丁寧なお返事ありがとうございます。
    離婚したいと言われた原因は、私が他の男性と酔った勢いでキスしてしまったんです。
    そのことを黙っているのが心苦しくて自分から打ち明けてしまいました。
    それから私は昔から精神的に弱い部分があり、
    そういうところ全てに今はうんざりしていると言われています。
    私が離婚を受け入れられないと伝えると、夫は胃痛が起きたりブチ切れたりおかしくなってしまいます。
    今すぐにでも離婚届にサインしてくれと急かされている状況なので、小澤さんのおっしゃるとおり常にビクビクしていました。
    信用を取り戻すのは難しいとわかっていますが、私は今までの自分を変えてもう一度やり直したいです。
    でもそのことがただの自分勝手にすぎないのか、夫の幸せのために身を引いてあげなければならないのか、色々考えて苦しくなってしまいました。
    こんな私の話を聞いて頂き、本当にありがとうございました。

    1. Mr.T Mr.T より:

      人間はエネルギーが弱まっているときには、不思議と、ネガティブな感情を受け取ろうと自滅的な行動に出てしまうことがあります。

      すなわち、人から怒られることをしてしまう。嫌われる言動をとってしまう。などです。
      それは、おそらく、自分に罰を課そうというような心理から来るものと思われます。
      そうして、自分自身を納得させようとするのです。

      すなわち、表層的な意識では、好ましい結果、好ましい状況を受け取りたいと思っていても、潜在的な部分でネガティブなエネルギーを求めてしまうのだと思われます。

      ですが、その本能に従ってしまうと状況はさらに悪化してしまいますし、幸せにつながっていく行動でもありません。ましてや復縁にもつながりません。

      ですので、まずはそうした行動が、好ましい結果を招かないと言うことを認識すること。
      そして、そう言う本能に従わないと決めることが求められます。

      もし仮に、そうした行動をとってしまったような場合には、相手ではなく、まずは自分自身にフォーカスし、自分自身によって、幸せや良い感情を満たすことが大切です。

      自分自身を満たしたその後に、復縁について考えた方が結果的には近道になります。
      失敗から学びを得ることができれば、それは失敗ではなく、成長になります。

      失敗したままにすることだけはやめましょう。

  4. より:

    メルマガ登録しました。
    夫と別居中です。今月中に離婚届を書いてくれないと裁判だと言われています。
    原因は全て私にあります。
    結婚しなければよかった、もともとあんまり好きではなかったと言われてしまいました。
    ここまで嫌われてしまったらもう不可能なのでしょうか。
    夫のことを諦めて離婚を受け入れることができません。
    私はもう一度夫と一緒に暮らしたいです。
    助けて下さい。。

    1. 小澤 康二 小澤 康二 より:

      不可能とは思いませんが、難しいし時間がかかるケースと思います。(ご主人が感情的になりすぎている点、原因が多そうな点から。)

      ご主人が「裁判」と言っているのは、感情的に言ってしまっただけだと思います。本人は裁判をやる本気度はゼロではないものの、そこまで高くはないようように思います。通常、離婚裁判は突然開かれません。離婚調停→裁判という流れです。

      それを、「裁判だ」といっているということは、まだ離婚裁判について調べていない、知らない段階だと思われます。脅し文句として使っているだけでしょう。

      仮に離婚調停へ進むとなると、家庭裁判所へ行き、申請書に記入して・・・と労力の面でそこそこの決心が無いと行動できないものです。

      つまり、今、薫さんがすべきことは、相手の一挙手一投足にビクビクして右往左往するのではなく、地に足をつけて、まずは落ち着きましょう。

      ご自身に原因があると分かっているのであれば、それを改善することが先決です。

      不安になる時間があるなら、まず改善していきましょう。

コメントを残す


この人が書いた記事  記事一覧

  • 「彼を追いかけさせたい」どうすればできる?

  • 保護中: 【7step参加者限定】復縁にも使える!Mr.T式引き寄せの法則

  • 彼が返事を返さない理由ベスト5と、メールやLINEで気になる不安へのアドバイス

  • 執着と好意の違いとは?

関連記事

  • 遠距離でも復縁成功する人、ダメな人の11の特徴