信じてます!という言葉は信じません!

こんにちは、小澤です。

7stepには、他社の復縁サービスを利用してから参加される(乗り換える)方も多いです。

その中で、時々「これは違うだろ」と、信じるということをはき違えている人がいます。

「信じてやったのにダメでした!」

「彼のことを信じています!」

「サポートを信じます!」

信じるという言葉というのは、非常に容易く使われます。

信じるって、簡単なんですよね。

思考停止すれば良いだけだから。

安易な信じるというのは、言い換えれば、「考えるの疲れたので、やめます。」ということです。

復縁する上で、サポートに全幅の信頼を置くということは、大切です。大切というか、そうでなければ復縁できません。

サポートを受けていても、自分のやりたいこと、考えと違うから、議論するというようなタイプは、ほぼほぼ復縁できていませんからね。

しかし、信じるといっても、ただ信じている人はダメです。盲目的に信じるということは、ただの思考停止の依存人間でしかありません。

信じるというのは、思考停止や依存ではなく、「責任を持つ」ということです。

簡単に使われる信じるというのは、ほとんどの場合責任が伴っていません。

口だけの「信じる」で、実際は、思考停止、依存、無責任、この状態で復縁のアドバイス通り進めたとして、うまくいくでしょうか?

どんなに合格率の高い受験勉強法があっても、本人がボケーっと言われるがままというスタンスであれば、受かりません。

どんなに精度が高い武器があっても、使う本人がヘボければ的には当たらないのです。

にも関わらず、うまくいかないことを全て、信じた対象のせいにしてしまいます。自分は何も悪くないと。

こういったものは、人間の防衛本能からくるものなので、仕方ない部分もあります。

また、信じた対象が悪かった可能性もあります。

しかし、そういう人は、言うまでも無く、信じる対象がいくら変わっても永遠にうまくいかないでしょうね。

信じるなら、全力で!

信じるなら、全責任を自分で負う覚悟で!

それが出来て初めて、すべての歯車がかみ合い、力強く動き始めます。

安易な信頼による、被害妄想にはお気をつけください。

小澤康二



追伸:

「復縁ノウハウを一気に知りたい!」という方は、
こちらの裏口からどうぞ。

追伸:

「7stepって何?」という方は、
まずはこちらから、スグに使える復縁ノウハウをどうぞ。


この記事の感想を、コメントかLINEから教えてもらえると嬉しいです。

友だち追加

追伸:
「心を振り向かせる方法」
復縁への近道はこちらをクリック

スマホ、携帯からは、面倒なメールアドレスの入力無しで、こちらから空メール送信だけで無料メルマガ登録ができます。
※宛先は変更せず、件名、本文は空欄のまま、そのまま送信してください。

携帯アドレスを利用する場合は、「@hukuen7.com」の受信設定、なりすまし解除をされないと、受信できません。(特にau)