夫婦復縁

夫婦の復縁

更新日:

「一緒に暮らしているので冷却期間がとれません」

夫婦や同棲カップルの復縁では、上記のように、通常のカップルのような復縁ステップをうまく踏めないことが起こります。

だからこそ、注意しておきたい点が3点あります。

 

夫婦の復縁での注意ポイント3

 

注意ポイント1

極端な行動をしない

夫婦のように一緒の空間や接する機会が多いと、感情が乱れやすく、極端な行動に走りやすくなってしまいます。

例えば、急に泣いたり、怒ったり、余計な一言を言ったり、自虐的になったり、といったことです。

こういった極端な行動は、相手に構って欲しい、もっと見て欲しい、という本能的な欲求からの行動なのですが。
相手にとっては、別れる根拠をより固めてしまう結果になります。

極端な行動をしないためには、
「明るい行動をとるにはどうすれば良いのか?」
ということを常に考えながら生活してみましょう。

 

注意ポイント2

相手が浮気をしている場合にはその証拠は

必ず保存すること

相手が浮気をしている証拠を見つけた場合には、見ないようにするのではなく、しっかりと保存しておきましょう。

浮気の証拠というのは、率先して見たり、認めたくはないものですが、今後あなた自身を守るものにもなります。

浮気の証拠というのは、物理的に離婚を防止できる効果を期待できるからです。

ただ、浮気の証拠をあなたが率先して「探す」必要はありませんからね。

あくまでも生活の中で自然に「発見」したら保存しましょう、ということです。

自ら証拠探しに動き回るのは、事前に知るべきことがいろいろとありますからね。

ちゃんと知らずに浮気調査のマネ事をするとハイリスク、ノンリターンになってしまいます。

 

注意ポイント3

離婚についての話題は先のばす

夫婦で復縁したいと言う場合、
・仲が悪い状態から復縁したい
・離婚危機から復縁したい
という2つがあると思います。

この後者の復縁の場合は、離婚の話題が出たら、先伸ばすようにしましょう。

先伸ばす際には、ただ先延ばしたり、拒否をするのではなく、ちゃんと理由を付けて先延ばししましょう。

「理由といっても、ちゃんとした理由が思いつきません・・・」

と心配する人もいると思いますが、ちゃんとした理由じゃなくて大丈夫です。

もちろん、良い理由であるに越したことはありませんが、そうでなくても「理由がある」ということが重要で、理由の内容は、それほど重要ではありません。

「理由をつける」ということさえ忘れなければ大丈夫ですので安心してください。

くるぶしが痒いのでこの辺で。

では。

小澤康二



追伸:

「復縁相談したい!」という場合は、
どんな絶望的な状況でもご相談受付中です。
まずは落ち着いてこちらから、復縁をスタートさせましょう。

追伸:

「復縁ノウハウを一気に知りたい!」という方は、
こちらの裏口からどうぞ。

この記事の感想を、コメントかLINEから教えてもらえると嬉しいです。

友だち追加

追伸:
「心を振り向かせる方法」
復縁への近道はこちらをクリック

スマホ、携帯からは、面倒なメールアドレスの入力無しで、こちらから空メール送信だけで無料メルマガ登録ができます。
※宛先は変更せず、件名、本文は空欄のまま、そのまま送信してください。

携帯アドレスを利用する場合は、「@hukuen7.com」の受信設定、なりすまし解除をされないと、受信できません。(特にau)

  • この記事を書いた人
小澤 康二【復縁の学校】

小澤 康二【復縁の学校】

復縁指導歴25年以上。アドバイスをした人数累計6万人以上。 独自の復縁アプローチが注目され、日テレの深イイ話・テレ東のありえへん世界等TV出演多数。雑誌にも特集を組まれ、新聞ではコラムも連載。

-夫婦復縁
-

Copyright© 復縁の学校 小澤康二7step公式サイト , 2018 All Rights Reserved.