冷却期間(準備期間) 自分磨き

冷却期間をおく前にすべき5つのこと

更新日:

あなたは、
復縁=冷却期間
と思ってはいませんか?

復縁と言えば、「冷却期間をまずはとらないと」というのは、常識のように考えるものです。もちろん、それは間違いではありません。

しかし、冷却期間を勝手にとっても実は意味がありません。
表面的な冷却期間になってしまい、時間の無駄となります。

そうならないために、冷却期間に入る前にすべきことを確認しておきましょう。

冷却期間の本当の意味を知っていますか?

あなたは、冷却期間って聞いてどんなイメージをもちますか?
冷却期間という言葉は有名です。

冷却期間=時間を置く


なんて思っていませんか?

それは間違いです。
実際、冷却期間で時間は置いてはいます。しかし、冷却期間=時間を置くではありません。

冷却期間=お互いに距離を置くこと

だと思いますか?

これも間違いです。
確かに連絡を取らない等、距離を置くことはします。しかし、冷却期間でも彼からの連絡を無視したり、会わないようにする必要はありません。

冷却期間=彼(お互い)に冷静になってもらうこと

でしょうか?

残念!これも違います。
もちろん、冷却期間で連絡の頻度は落ちますし、時間も経過しますので、別れに対して熱くなっていた彼も冷静になっているでしょう。あなたも時間の経過で落ち着いて考えられるようになることでしょ。

しかし、お互いに冷静になれば復縁できるわけではありません。
彼が別れを後悔したり、未練を持つこともありません。

冷却期間=時間を置く、お互いに距離を置く、お互いに冷静になる
なんてことを考えていると、

冷却期間=時間の無駄

ということになりますので、気をつけてください。

冷却期間=自分磨き

これが正解です。

冷却期間というのは、自分磨きをする期間です。

自分磨きの目的は?

自分磨きの目的は、何でしょう?

自分磨きという言葉だけ知って、漠然と何かを行っても無意味です。

自分磨きの目的は、別れの原因を克服し、魅力を高めることです。

魅力を高めることで、彼との連絡がとりやすくなったり、彼が新たな女性として認識してくれますので、復縁しやすくなります。


魅力を高めるためにはどうすればいいのか?

冷却期間であなたの魅力を高めるためには、ただ冷却期間をとっても意味がありません。しっかりとやるべきことを時間をかけて行う必要があります。

では、やるべきことって何でしょうか?

実は、冷却期間は、冷却期間に入る前から結果が決まっています。
つまり、冷却期間に入る前にすべきことがあるのです。

冷却期間に入る前にすべき5つのこと

1.別れの原因の深掘り

冷却期間では、自分磨きによってあなたの魅力を高める必要がある、と言いました。

そのためには、別れの原因を知る必要があります。

「原因を知る」と書くと、彼に聞いて原因を特定しないと!と思うかもしれません。しかし、違います。

原因と「思われる」ものを深掘りして探していくのです。

彼から「価値観が違う」と言われた「他に好きな人が出来た」と言われた「重い」と言われたとか、そういう~~と言われたということは、一部であり、全部ではありません。

別れ際に言われたことは別れの原因ではない?

彼から言われた別れた原因というのは、別れた原因の20%程度です。

残り80%は、言われていない部分にあります。

それを探していくことが、効率的な自分磨きのヒントになります。
もちろん、その80%というのは、彼から直接言われたものではありません。

ですから、あなた自身の推測で探す必要があります。

ただ、これも正解があるものではありませんので、1つに特定しようとするのではなく、たくさんピックアップすることが大切になります。

2.何をするか

別れの原因の深掘りが終わったら、次にすることは、あなたの軸を定めることです。

軸というのは、あなたの幸せの基準です。
何をしている時が幸せで、人からどういう風に思われたいのか、どういう人間になりたいのか、といったものです。

彼への気持ちが一途でも復縁できない

今の状態は、

あなたの幸せの基準=彼

だと思います。一途に彼のみを愛している状態でしょう。

しかし、残念ながら、それでは復縁は出来ません。

なぜなら、幸せの基準=彼というのは、依存の状態であるからです。依存の状態というのは、片方(あなた)のみ幸せになり、片方(彼)は不幸になる、搾取の関係です。

その状態で、彼があなたと復縁したいと、復縁後の未来が明るいと感じるでしょうか?

答えはNOですよね。

ですから、仮に今はあなたの幸せの基準が彼であっても、それは変えていかなければいけません。

軸=幸せの基準=あなた自身

彼に依存している状態から卒業しましょう。
そして、あなた自身の幸せの基準をつくりましょう。

それが、あなただけの軸となり、彼から「変わったね」と言われることにもなります。

外面

見た目の自分磨きは、一番簡単で即効性も高いです。

髪型や服装、化粧、美容、ボディーランゲージ等々。

別れの原因の深掘りで見つけたものをヒントにどのようなポイントを磨いていくのか決めていきましょう。

体型に関しては、時間がかかるので長期的に取り組んでいきたいですね。

内面

基本的には、別れの原因の深掘りで見つけたものをヒントに進めます。

それ以外には、あなたの軸をベースに組み立てていきます。

内面というと、外面ほどバリエーションが作り出せないかもしれません。

その場合は、周りの人や芸能人等でこの人になりたいという参考となる人を見つけて、その人のようになるにはどのような行動を日々した方がいいか?

例)芸能人の〇〇さんのような明るくて笑顔がかわいい女性になりたい
→内面:笑顔、丁寧、女性らしい言葉遣い、明るい、気遣い、、、、
→その内面のピックアップを手に入れるために日々できそうなことは?

という視点で考えてみると、今まで思い浮かばかなかったような内面磨きのアイディアが出てくるでしょう。

達成度の測り方

冷却期間の自分磨きはただ漠然と行ってはいけません。

漠然と行っていては、自分磨きは行っているけど、「変わっているかどうかわからない、正しいことが出来ているか不安」という状況になってしまうからです。

しっかりと、目標があり、そのために日々取り組むのです。

しかし、目標があっても、それが達成できたかどうかあなたが分からなければ、自信もつきません。

自分磨きがどの程度進んだか、どの程度出来たか、という、達成度を測れるようにするために、やることは、できるだけ具体的にしましょう。

可能であれば、数値化できると良いです。

例)1日1回~する。1日10分~する。〇〇にあったら、~~する。

数値化されていることで、日々の振り返りや冷却期間の途中で、外面や内面の自分磨きがどの程度進んでいるのか、あなた自身でチェックできます。

自分でチェックできるということは、変化を客観的に確認することができます。

それが、正しい自分磨きを行えているかといった不安をなくし、自信になっていくのです。

計画

最後は、計画です。

やることが決まっても、それを同時進行で行うか、順番に行うか、どの順番で行うか事前に決めたほうが良いです。

自分磨きをしながら、という状態だと、最終的にやろうとしていたことが全て中途半端に終わる危険があります。

立派な計画表は必要ありません。
しかし、何月1週目は、何をする、次は何、というような計画は事前に立てておきましょう。

早く冷却期間を終わらせたいがために、とりあえず自分磨きスタート!とやってしまうと結果として冷却期間が長引いてしまいます。

急がば回れ。

事前に計画をたて、頭を整理した上で効率的な自分磨きのスタートをきりましょう。

3.期間

冷却「期間」というように、期間を決めないといけません。

よくあるのが、
「とりあえず、1ヶ月おいてみました」
「彼の誕生日が9月なので、それまでの2ヶ月冷却期間としました」
といったもの。

しかし、そういった冷却期間はダメダメです。

柔軟さが無いですし、そもそも、冷却期間がただの期間になっているからです。

今まで説明してきたような冷却期間の大切なポイントが抜けた表面的なものになっているからです。

どのように期間を決めれば良いのか?

理想を言えば、あなたが決めた内面、外面が自信のある状態に達成された時が冷却期間を終える時です。

しかし、それでは、永遠に冷却期間を終わらせられなくなったり、逆に自分の都合の良いように解釈して早く終えてしまうこともあるでしょう。

期間については、お付き合いの状況や相手の状況、現在の状況によって変わってくるので、本当は簡単には決められません。

しかし、この記事だけを読んで決めるのであれば、4ヶ月を目安にとると良いでしょう。

4ヶ月あれば、しっかりと内面、外面を磨くこともできますし、彼から新規の恋愛対象として認識してもらうのにも十分でしょう。

なお、冷却期間というのは、絶対的な期間ではありません。あなたの自分磨きの状況や相手の状況によって、変わる場合もあります。ですから、○ヶ月と決めたら絶対に守るという風に固執するのは危険です。

4.冷却期間後の連絡のイメージ

冷却期間に入る前に、ある程度冷却期間「後」にどんな連絡を相手にするのかをイメージしておきましょう。

冷却期間後の、ダメな連絡例

  • 誕生日の連絡
  • ただの近況報告(最近〇〇食べた等)
  • 友達の話のみ
  • ポジティブな内容っぽいけど、中身がペラペラ

このような連絡は、冷却期間をとった意味が全く無い駄目なメールやラインの例です。

冷却期間というのは、冷却期間「後」に連絡をとる際のネタづくりの期間でもあります。

正確には、冷却期間中の自分磨きが、冷却期間「後」の連絡のネタになるのです。

ですから、冷却期間後に何も書くことが無い、何も書けない、という場合は、無駄な冷却期間を過ごしたということになります。

そうならないように、冷却期間を置く「前」に、冷却期間「後」にどんな連絡をするかイメージしておきましょう。

どんな連絡をすれば良いのか?

どんな連絡をすれば良いのか、ということは、自分磨きの内容を絡めた内容です。

例えば、○キロ痩せて、~~と言われた。とか、笑顔が~で〇〇になった。とか

そういった自分磨きで達成したことを絡めた連絡をします。

これが、本当の近況報告です。

何食べたとか、どこ行ったとか、そういう近況報告には価値はありませんし、そのやりとりの先には復縁はありません。

5.冷却期間後のA,Bプラン

冷却期間を取る前というのは、冷却期間後に連絡をとるなんてだいぶ先だと思うでしょう。

ですが、冷却期間をとってみると、意外と早いです。

え。もう終わり!?となる人が多いです。

ですから、冷却期間に入る前に、冷却期間後のこともある程度想定しておきましょう。

それが、Aプラン、Bプランの用意です。

冷却期間をとれば、全てがうまくいく。とは限らない

冷却期間後に、スムーズに進めることもあれば、返信が無いこともあります。
そういった、うまくいった場合のAプラン、そうでなかった場合のBプランを冷却期間に入る前に想定しておきましょう。

もちろん、冷却期間前ということもあるので、超具体的なA,Bプランを作る必要はありません。

うまくいった場合は、どうする、うまくいかなかった場合は、どうする、というのを漠然とで構わないので、考えておきましょう。

例)
Aプラン:何回かやりとりを重ねてデートまで進める
Bプラン:再度2ヶ月程度冷却期間をとるor違う内容の連絡を3週間後に送る等

冷却期間から覚悟が必要

5つを聞いて、
「大変そうだなー」
「やること結構あるなー」
と思いましたか?

そのとおり。楽ではありません。

ちょっと時間を置いて、さくっと思いつきの「最近元気?」と連絡をして、そのまま復縁成功とは残念ながらなりません。

ラッキーでも無理です。

運で復縁できた人も、やはり今回説明したような冷却期間のとり方を行っていました。

復縁は大変です。

復縁というのは、それだけ大変なものです。
ただ、大変だけど、正しいことをしっかりと行えていれば、復縁できる可能性もちゃんと高まるのです。

本当に相手のことが好きで、またやり直したいと考えているのであれば、相手の気持ちや心境を考えるのは後です。

まずは、あなた自身が、覚悟を決めて、冷却期間に取り組んでいくことです。

相手のことを考えるのは、冷却期間「後」でも十分間に合います。

あなたの軸がブレることのないよう、気持ちを引き締めて復縁に向かっていきましょう。

例外もあります

なお、いろいろと長く話してきましたが、もし、あなたが、7stepに参加されていれば、心配不要です。

7stepメールサポートを受けていれば、冷却期間にすべき5つのことが全てちゃんと正しく完了するようになっていますので、ご安心ください。

「もう冷却期間に入っているのに、AプランとかBプランとか考えてなかった!」

となっても大丈夫です。サポートがちゃんとあなたの代わりにAプラン、Bプラン、Cプラン、Dプランくらいまで考えていますので。

安心して冷却期間へ集中してください。



追伸:

「復縁相談したい!」という場合は、
どんな絶望的な状況でもご相談受付中です。
まずは落ち着いてこちらから、復縁をスタートさせましょう。

追伸:

「復縁ノウハウを一気に知りたい!」という方は、
こちらの裏口からどうぞ。

この記事の感想を、コメントかLINEから教えてもらえると嬉しいです。

友だち追加

  • この記事を書いた人
小澤 康二【復縁の学校】

小澤 康二【復縁の学校】

復縁指導歴25年以上。アドバイスをした人数累計6万人以上。 独自の復縁アプローチが注目され、日テレの深イイ話・テレ東のありえへん世界等TV出演多数。雑誌にも特集を組まれ、新聞ではコラムも連載。

-冷却期間(準備期間), 自分磨き

Copyright© 復縁の学校 小澤康二7step公式サイト , 2019 All Rights Reserved.