復縁LINE(ライン)

男性と女性で違う復縁ノウハウ

更新日:

復縁ノウハウは、男性と女性で同じノウハウが使える場合もありますが、そうでない場合もあります。今回は、同じノウハウでも結果が違ってくるノウハウについて紹介していきたいと思います。

1:女性が男性の悩みを聞くのは? →微妙・・・

恋愛ノウハウで、「相手の話を聞くことで、距離が縮まります。」

という内容を一度は読んだことはあると思います。

実はこれ、「女性が男性の”悩み”を聞くのは微妙」なのです。

このノウハウは、「男性が女性の悩みを聞く場合はとても良い」のですが、女性がやるとそこまで有効とはいえない場合が多いです。

その理由について説明したいと思います。

はじめに、なぜ、男性の場合、「話を聞くことが有効なのか?」について説明したいと思います。

女性は、男性に比べて共感すること、共有することを本能レベルで欲しているからです。
つまり、女性は何かを伝えたい、一緒に感じたい、共有したい気持ちが男性よりもあふれていることが多いのです。

ですが、男性はそこまで、共感することが大切とは考えていません。

このギャップが、「男性が女性の悩みを聞く場合はとても良い」につながっていきます。

どういうことか?というと、男性にとって、共感すること、一緒に感じることを面倒くさいと考えてしまいがちだからです。

ということは、逆に言えば、それを惜しまずに実行する男性は女性から見て、希少性を感じるきっかけになると言うことです。

だから、「男性が女性の悩みを聞く場合は有効」といえるわけです。

では、その逆はどうでしょうか?

上に書いたとおり、男性は女性ほどは情報を共有したり感情を吐露することは少ないです。
なぜなら・・・

感情を吐露することは恥ずかしい・・・
悩みを女性に言うことは男らしくない・・・

このように考えることが多いからです。

ですから、女性の側から、「悩みがあったら教えて」と言われても、遠慮したり、
「自分はそんなに惨めに思われているのか!」と落胆して、
さらに殻にこもってしまうこともあるのです。

もちろん、全部が全部そうなるとは限りませんが、そう言う傾向があると言うことです。
では、どうしたら良いのか?

2:女性は男性の得意なことを質問したり、褒めることが有効

男性は、女性から、褒めてもらったり、頼られると悪い気持ちがしません。

ですので、下手に出て、わざと得意なことを質問したり、彼の得意なことを頼んでみる。
ことが有効に作用してきます。

わかりやすいところでは、高いところの荷物をとってもらうことを頼んだり、得意分野について質問してみるという形で、懐に入っていくのです。

「あなたが彼の悩みを聞く」よりも、距離を縮める上では、有効でしょう。

3:女性が、男性寄りの質問をして、メールを続けようとするのは・・・微妙。

あなたは、クエスチョンマークが今渦巻いたかもしれません。もしくはまだ気付いていないかもしれません。

実は、男性にとって、会話とメールは違います。

先ほど、「女性は男性の得意なことを質問したり、褒めることが有効です」

と書きましたが、これは、会話ベースの話です。

メールやLINEで、延々と得意なことを質問したり、褒めると男性は、そのやりとりに意味を感じなくなるからです。

男性がメールで求めているのは、

わかりやすい内容。

具体的な内容。

情報交換。

だからです。

つまり、男性寄りの質問から入って、誘いをかけるというように、具体的な内容や会うことというような意味を感じるやりとりにつなげていくぶんには良いのですが、延々と質問したり、褒め続けるような内容を彼がもらっても、返事をしなくなってくるのです。

女性はつい、会話もラインも一緒と認識してしまい、雑談を続けようとする傾向がありますが、男性から見ると、会話とラインは別々なので、同じように使われると違和感を感じてしまうのです。いくらLINEがチャット形式で会話のように感じたとしても、別物です。

このあたりを理解することが、彼とのやりとりの成否が別れてきます。

4:女性が、男性の欲する情報を具体的に提供できたり、具体的な提案をするのはアリ

あなたが、女性の友達と同じようなLINEを、彼に送ると、彼からこう思われます。

「意味がわからない」
「返す必要ある?」
「長い」
「いつ終わるんだろう」
「また返事が返ってきたよ・・・」

と。これは、女性が、彼に共感を求めるような内容を送ったり、単に感情を吐露するような内容をおくる。男性にとってはどうでも良いと思われてしまう些細な質問を送ってしまう。

こういうことをしているとだんだん、彼がLINE画面から遠のいて言ってしまうのです。

男性が求めるやりとりについて、もう一度確認すると、

・わかりやすい内容。
・具体的な内容。
・情報交換。
・簡潔さ

が喜ばれます。

ということは・・・

雑談のような内容でのやりとりでラリーをしすぎないこと。
会うことにつなげたり、彼が良い感情を持った段階でやりとりを切り上げること。
延々と彼の連絡に対して、返事をしすぎないこと。

がポイントになります。

これを踏まえて、アプローチについての話に入ってきます。

「具体的な提案をするのはアリ」と書きました。

これが女性のあなたには苦手かもしれません。

女性は、雑談している間、楽しさを感じてついついそれを続けたいと思ってしまいます。
ですが、男性にとってはあまり楽しくありません。

(最初は少しは楽しいかもしれませんが、長くは続きません。)

そのズレを理解してください。

男性は、あなたが好かれていれば、あなたと会うことがそのままメリットになります。
ですから、その場合には、具体的な提案を出していくことが、有効になります。

この場合、彼に日程を丸投げするよりは、いくつか、あなたの側から日程の候補を指定した方が良いです。また、場所もお店の名前など具体的に示した方が、男性はテンションを上げやすいです。

女性の本能として、男性にリードしてもらいたい、男性に決めてもらいたい。

こういう風に考えてしまう背景から、具体的な日時や提案をすることはあなたにとって、苦痛かもしれませんが、その方が、男性にとっては嬉しいLINEやメッセージになると言うことです。

逆に、良くないのは、全て彼に決めてもらおうとすることです。

それが負担につながり、会えなくなることにつながると考えてください。

~まとめ~

今回は、一見巷で、有効と思われるノウハウについて本当に有効かどうか?
復縁という観点で分析してみました。

まとめとして、論点を整理したいと思います。

・彼との距離を縮めたいなら、男性の悩みを聞くより、男性の得意部分を聞いたり、それを利用したお願いなどをして距離を縮めていくことが有効。

・彼との距離を縮めたいからといって、LINEで、得意なことを延々と聞き続けたりするのは微妙。(会話なら有効。)

・それを皮切りに具体的な提案を進めるのは有効。

となります。

特に、女性にとって理解しにくいのが、男性が会話とLINEを全く別物として考えている部分だと思います。女性の友達と同じようにとか、会話と同じだと考えて、彼とLINEやメールのやりとりをすると、返事が来なくなります。

これを肝に銘じて進めることが成功の秘訣です。

色々な恋愛サイトを閲覧しているとどの記事もそれなりに有効そうに見えたりしますし、
場合によっては、あの恋愛サイトとこの恋愛サイトでは、正反対のことを言っていて、読んでいて、大混乱。。。

なんてこともあると思います。

もしそうなってしまったら、どちらが正しいのかをさらに探すのではなく、1つのサイトに絞った方が良いです。一度、そういうサイトを見ることをやめ、復縁の学校と7STEPマニュアルだけを頼りに進めた方が有効ではないかと思います。

是非信頼できる情報を厳選して、復縁活動を進めていくようにしてください。



追伸:

「復縁相談したい!」という場合は、
どんな絶望的な状況でもご相談受付中です。
まずは落ち着いてこちらから、復縁をスタートさせましょう。

追伸:

「復縁ノウハウを一気に知りたい!」という方は、
こちらの裏口からどうぞ。

この記事の感想を、コメントかLINEから教えてもらえると嬉しいです。

友だち追加

追伸:
「心を振り向かせる方法」
復縁への近道はこちらをクリック

スマホ、携帯からは、面倒なメールアドレスの入力無しで、こちらから空メール送信だけで無料メルマガ登録ができます。
※宛先は変更せず、件名、本文は空欄のまま、そのまま送信してください。

携帯アドレスを利用する場合は、「@hukuen7.com」の受信設定、なりすまし解除をされないと、受信できません。(特にau)

  • この記事を書いた人
Mr.T【復縁の学校】

Mr.T【復縁の学校】

復縁サポート歴7年以上、サポートスタッフの中で断トツの成功率を誇るスパルタ担当者。時には冷徹なアドバイスをするほど、相談者以上に復縁に対して熱血で実直、まじめすぎる性格。趣味はダイビング by小澤

-復縁LINE(ライン)
-

Copyright© 復縁の学校 小澤康二7step公式サイト , 2018 All Rights Reserved.